各種材料説明

--PP(ポリプロピレン)--
  PPとは、PolyPropylene(ポリプロピレン)の略語であり、ポリエチレンと同様に
  プラスチック樹脂の中で広く使用されている樹脂の一つです。
  汎用性プラスチックの中では最も軽く、ポリエチレンよりも耐熱性が高いです。
  電化製品の筐体や梱包用バンド、食品容器等広く利用されています。
  可塑性樹脂であり熱に溶けることからリサイクルしやすい樹脂です。
  焼却による塩素ガスの発生もほとんどありません

--PE(ポリエチレン)--
  PEとは、PolyEthylene(ポリエチレン)の略語で、プラスチック樹脂の中で
  広く使用されている樹脂の一つです。
  加工性が高く、薬品に強く、丈夫などの点から一般のビニール袋やラップ、梱包資材など
  多くの製品の原料に利用されています。
  熱可塑性樹脂であり熱に溶けやすいことからリサイクルしやすい樹脂です。
  焼却による塩素ガスの発生もほとんどありません。

--ABS樹脂--
  ABS樹脂とは、自動車、電気・電子機器等の外装に多く使用されている
  ポリスチレン系樹脂のことを言います。
  ABSという名称は、アクリロニトリル(A)、ブタジエン(B)、スチレン(S)の頭文字を取って
  命名されました。

--AAS樹脂--
  AAS(耐候ABS)は、ABSにアクリルゴムを混ぜてより耐候性を高めたものです。
  自動車の外装部分のプラスチック、建材や家電の屋外での使用が想定されるものに
  使われます。

--POM(ポリアセタール)--
  POMとは、PolyAcetal(ポリアセタール)の略語であり、エンジニアリングプラスチックです。
  比較的強度があり、優れた弾性、耐熱性、耐寒性も持ち、カム、クリップ各種、
  AV機器・プリンター等の電気機器の部品等に使用されています。

--PA(ポリアミド)--
  PAとは、PolyAmide(ポリアミド)の略語であり、プラスチックのひとつで、多数のモノマーが
  結合してできたポリマーです。
  PAの特性として機械特性が良く、引張り、圧縮、曲げ、衝撃に強いことが挙げられますが
  吸水すると膨張して寸法が変化してしまうことが問題点です。
  近年では、電子部品・自動車部品に多く使用されています。


--PBT(ポリブチレンテフタレート)--
  
テレフタル酸とブタンジオルから縮合重合で製造された新しい熱可塑性ポリエステル樹脂。
  機械的性質、高い熱変形温度、耐摩耗性など、ポリアミド、ポリアセタール並みの性質を
  有し、また吸水率も小さく耐油性に優れているが、強酸、強アルカリ、熱水に弱く
  衝撃強度のノッチ感度が高い点などの欠点がある。


TopPage